FC2ブログ
宝塚市を中心に「私」をはぐくむ育自の場をテーマに、ワークショップ・レッスン・イベントを企画・開催。その活動の様子をお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月27日 おそらの日 午後の部のレポートです。


午後の部
ヨガピラティスの違い” 初めてのヨガ~サンサルテーション~


午前中で帰った方が数人いらっしゃって、
午後からの参加の方もいましたが、お子さんが2人、大人が3人と
少ない人数での開催となりましたが、広々とゆったりとヨガを楽しんでいただけました。

2016-04-27 ヨガ

最初は、ヨガのお話。

巷では、ヨガがとてもブームになっていますよね。
ヨガが大好きって方もいらっしゃるかもしれません。
参加者の皆さんも、回数こそ違いはありましたが、皆さんヨガ経験者でした。

精神性のヨガと運動性のヨガがあり、
今のヨガはその双方の良いところをベースにした
ハタヨガというヨガが基本になっているのだそうです。
ヨガといえば「腹式呼吸」ですよね。

他にも、ウジャイ呼吸とか、火の呼吸など、流派によって呼吸もさまざま。
もちろん、流派の数多く存在しています。創始者の名前だったり、広めた人の名前だったりと。

アロマヨガとか、からだスッキリヨガとか・・・ほんとに多種多様になっています。
また、対象者も、赤ちゃんから、シニアまで。
たとえば、ベビーヨガ、キッズヨガ、マタニティヨガなどなど。
ヨガのポーズもこれまた数多くあり、けっこう楽しいです。

私は、どちらかといえば、運動系のヨガの方が好きですが、
何度か瞑想系のヨガも受けたことがあります。

ですが・・・瞑想ではなく、爆睡ヨガになってしまします。

講座の後半は、サンサルテーション。

サンサルテーションをいきなりするのではなく、怪我をしないように、動きに変換を加えながらの30分でした。

お子さんのうちいひとりの女の子は、ママといっしょにヨガタイム。
もう一人の赤ちゃんは、すやすやおやすみヨガ~。(私といっしょだ!)

一番良くできたのは、午前中に参加していたこの赤ちゃん!
すばらしく背筋力のある、赤ちゃんでした!

038.jpg

ヨガとピラティスは、とてもよく似ています。
ピラティスは、インナーマッスルを鍛えることと、一般的にはいわれていますが、
インナーマッスルを安定化させて、四肢を上手に使うこと。

ピラティスとヨガ」、一番の違いは“ピラティスは”
体の使い方を自分自身で考えるところだそうです。


ピラティスとヨガ」、どちらも皆さんの身体を整えて、元気にしてくれますよね。

今日のおそらの日は、心も体もすっきり!
いい一日でした。


あっ!そういえば、お一人、腰痛でキャンセルでした・・・
調子は良くなられたでしょうか?

おそらのいえでは、これからも様々な講座を予定しています。

来月のおそらの日は5月11日です。
皆さんのご参加、お待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

【2016/05/15 16:10】 | おそらの日
【タグ】 ヨガ  ピラティス  
|
4月27日に開催しました、おそらの日のレポートです。

この日は、午前と午後の2部開催。 
午前の部 誕生学 ~小さな子どもたちへの“性”のお話
午後の部 初めてのヨガ ~ヨガとピラティスの違い

まずは、午前の部のレポートです。


講師は、助産師の辻本有美先生。
おそらのいえの発起人でもあります♪


この日の午前の参加者は、大人9人、子ども4人
0歳~3歳、大人は20~50代までと、幅広い年齢です。

2016-04-27 誕生学-1


皆さんは、
「赤ちゃんは、どうやって生まれてくるの?」
「赤ちゃんは、どこから生まれてくるの?」
と、お子さんに聞かれたら、なんて答えますか?

どうやって、私たちは、性に関して学んだのかな?と考えてみましたが、
本だったり、先輩や友人だったりかなり手探り状態だったように思います。

ところが今は、必要な年齢になっていなくても好むと好まざるにかかわらず、
どこからでも大量の情報がはいってきて、子どもも親もとまどいがち。


「赤ちゃんは、どうやって生まれてくるの?」
「赤ちゃんは、どこから生まれてくるの?」

今日の本題である課題を、どのように子どもに伝えたか?
もしくは、つたえますか?という内容で、
二つのグループに分かれて、意見交換が行われました。


一番多かった意見は、「言葉で説明した」でしたが、
中には、自分の出産の様子をみせたとおっしゃっていたママさんも。

「子どもが女の子の場合は、それほど、難しくはなかったんですが、男の子の場合どうしたらいいのかよくわからなくて・・・」というご意見もありました。

ご主人に聞いても、「そんなこと、そのうち、自然と覚えることだ!」ととりあってもらえないことも多いようです。

「おちんちん」をどうやって洗えばいいのか?
“母親VS男の子” の場合、一番いい方法は、お互いに教えあうことだそうですよ。
わからないことは、聞けばいいのだそうです。


そうそう、この日は、六甲にある鍼灸治療院のアルベルトさん(男性)がきてくださいました。
ブラジルの日系2世の方で、日本とは性に対しての考え方や習慣が違って、過激なお話も聞けました・・・!。


辻本さんは、助産師としての活動の一つで、
“性教育”の話を小学校等ですることもあるそうです。

子どもたちにわかりやすいように
かぼちゃの雄花と雌花を使って講義をするそうです。
なろほど!ですね♪

2016-04-27 誕生学-3

子どもたちに性教育の話をするうえでは
次の三つを念頭に入れてのぞんでいるそうです。

子どもから質問をされた場合の三原則
1. うそをつかない
2. 逃げない
3. おこらない

お子さんにあまりにも無理難題をいわれたときは、真摯に応えて、向き合うこと。
「ママの気持ちも考えてくれないかな?」と、冷静になって、お子さんひとこと問いかけてみてはどうでしょう?

そして、命が生まれてくる場所。
大切なところだからこそ、〇〇ちゃんにも大切にしてほしいと。


子どもは、なんでも知っています。
だからこそ、大人の価値観だけではなく、
お互いの価値観を見つめあう時間をつくっていただけたらいいな!と思いました。

小さな子どもたちへの “性” のお話

ブログにするには、ちょっとはばかられる内容もありました。
またいつか、おそらの日で、この内容で講座を開催できればと思います。

小さな子どもたちへの “性” のお話 <第2段>お楽しみに。

午後の部の~初めてのヨガ~のレポートはまた次回・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

【2016/05/14 18:39】 | おそらの日
|
世界にひとつだけのお花!着物生地でかわいいホルダー作り
手作りの大好きな方におススメです。

アンティークの帯を中心に、西陣織ものから
バッグや小物雑貨を創るアーティスト はまきよみ先生による
手作り講座です♪

着物の生地で作るバッグチャームキーホルダー
生地を切る時のコツや糸の選び方
説明書に載っていないプロの秘訣を教えてくださいます。

o0800060013622471793.jpg


日時 : 2016年5月11日(水)
    10:30 開始 12:00 終了予定


場所 : 「おそらのいえ」 宝塚市武庫山1-2-7
   阪急宝塚南口駅 徒歩5分

料金 : 受講費2000円(キット代含む)
    別途「おそらのいえ」入場料 大人500円/回 こども100円/回

持ち物 : 生地切りハサミ・手縫い針  

2016年5月6日(金)までにお申し込みください。
お申込先:osoranoie2015@gmail.com 


☆はまきよみ先生プロフィール☆

ARI+JAPAN(アリタスジャパン)主宰     
帯・着物・・・世界に誇れる日本の伝統美を
今のファションに合うバッグや雑貨にリメイク
古くて、新しい。かわいく、そしてかっこいい・・・
素敵な作品をたくさん創られています♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com


FC2blog テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

【2016/05/03 17:29】 | おそらの日
|
3月21日(月・祝)
「大人の知らない絵本の世界」 ~絵本の新たな魅力を発見~


おそらの日のイベントとして
親子で楽しんで頂けるようにと、春休みのステキな思い出づくりにと
祝日開催で企画いたしました♪


絵本って子どもだけでなく、大人にだって楽しめる・・・

講師のかずこさんは、長年教育の場に携わり、
絵本の大切さ、子どもと絵本のつながりを見つめてきました。
そんなかずこさんが紐解く・・・絵本の不思議な世界


イベント当日、参加してくださった中には
今も、何らかの形で子どもさんの教育に携わっていらっしゃる方もいらっしゃいました。

2016_3_21 絵本



絵本好きなお子さんといっしょにと参加してくださったママと、ちっちゃなレディ

人見知りで、ちょっと緊張気味の、男の子とママ

初めてのママさんと赤ちゃん

スタッフのお子さんひとり

大人5人  子ども3人  赤ちゃんひとり


一番緊張していたのは、かずこ先生でした(笑)

どうやら、子どもただけだと思っていらしたようです。

2016_3_21 絵本_1



講座は一時間近くありましたが、
小さなお子さんもみんなじっとして先生のお話に耳を傾けていました。

1時間というのは、子どもにとっては、長いらしいです。
最後までよくがんばったものです。
それだけ夢中になれる内容だったのでしょう♪
子どもたちの反応はとても正直ですものね。


『ぶぎゃー!』とさけぶ、きゃべつのお話

子どもたちは、目をキラキラとさせて、絵本にくぎ付け!

2016_3_21 絵本 きゃべつくん



他に、11ぴきのねこ、落語で有名なじゅげむ等々。

私たちを、たくさんの絵本の世界にいざなってくれました。



参加してくださった皆さんの感想です。


●知らない絵本の話しだけでなく、知っているものも改めて聞くと、面白かった

●もっと、いろいろな絵本が、知りたくなった!図書館にいってきます~♪

●斎藤崇さんの本が印象的でした、また手にとって読んでみようと思います。

●早口言葉がすらすら言えてよかった。

●緊張気味でもじもじしていた、男の子、自宅に帰って、「絵本、おもしろかったね!」と言っていたそうです。

●自分で絵本を選ぶと偏るので、来てよかったです。
 どんな本かな?と、思っても、実際に手にとって買うのは、ついついマンネリ化してしまうので、
 もっともっと絵本の話を聞いてみたくなりました。


そうなんですよね・・・!

私も、同感です。 どんな世界も深い魅力があって、楽しいですよね。


これからも、おそらの日では
皆さんの、「知りたいこと!、やってみたいこと」をお届けできればとおもっています♪。

これからもよろしくお願いいたします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

【2016/05/03 17:07】 | おそらの日
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。