宝塚市を中心に「私」をはぐくむ育自の場をテーマに、ワークショップ・レッスン・イベントを企画・開催。その活動の様子をお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月8日(水)~午後の部 おそらの日レポート~

午後の部は日本ミツバチのみつろうのスキンクリーム作り。

・・・とその前に、



ランチタイムには、おそらのいえ始まって以来の初の試み!
シンガーソングライターの七重さんのコンサート

うた




爽やかな歌声と心地よいピアノの音がやさしくおそらのいえに広がっていきます。


私は、午後の講座の里さといろ本舗さんご夫妻のお出迎えと、午後からのご参加の方々のお出迎でアタフタ。。。

大人気のこぐまパンさん、即完売。


さてさて
午後の講座を担当してくださる『さといろ本舗』さんの松田さんご夫妻。

日本ミツバチを深く愛して、育てていらっしゃる奈良の養蜂家さんご夫婦。


松田さんご夫妻は、蜜蝋をを使ったクリーム作りを通して、日本ミツバチの生態や自然とのかかわり方など、各地でワークショップを開催して、啓もう活動を行っていらっしゃいます。


早速、蜜蝋(みつろう)を使ったクリーム作りが始まりました。


蜜蝋はミツバチの分泌物で、巣を作るときにできるものとか。

蜜蝋

手のひらより、ずっと大きく、精製していないので、かなり黄色いです。



作り方はいたってシンプル



蜜蝋とホホバオイル・ハチミツを湯煎で溶かして、その後、水で冷やしていきます。

IMG_2016-0608_みつばち_6


蜜蝋には花粉が混ざっているので、大きなものは取り除いていきます。

IMG_2016-0608_みつばち_4




この、不純物は精製の回数によって、取り除いていけるものらしいのですが、
熱を加えることによって、抗酸化作用の役割をはたしている酵母が減ってしまうので、
さといろ本舗さんでは、最低限の精製しか行っていないのだそうです。


ホホバオイルも精製していないので、かなり黄色いです。



クリーム作りは奥様が担当。
皆さん、手際よく作っています。



その間、ご主人は、日本ミツバチについて、いろいろお話してくださいました。


『ハチミツ』は発酵食品なんだそうですよ!
ビックリです。


8割糖度があると、酵母が発生して、細かい泡を発生させるのだそうです。
非加熱状態だと、100年もつといわれています。


IMG_2016-0608_みつばち_5



いやはや、自然の力には、驚かされます・・・。

法律上、賞味期限は記載してあるのですが、年数を置いたほうがおいしいのだとか。
お酒といっしょですね。


ビンの上に、プツプツと小さな泡は発酵しているのだそうです。(知らなかった。。。)

酵母が入って生きているので、ハチミツ酒や天然酵母パンもあるとか!


日本ミツバチの酵母はゆっくりなのでパンには不向きらしいのですが、そんなパンがあったら、食べてみたいなぁ~。


冬場に白っぽくなってしまったハチミツは、湯煎で温めると、元に戻るとのことなので、皆さん、ぜひお試しください。


日本ミツバチのハチミツは抗酸化作用が西洋ミツバチの倍もあり、
試食させてもらいましたが、口当たりも柔らかく、おいしいです~。


小さなアイスクリーム用のスプーン1杯分が、一匹の蜂が一生かかって作ったものだそうです。



西洋ミツバチだと、レンゲのハチミツとか、ミカンのハチミツとか単一のハチミツがあるのですが、日本ミツバチは一カ所の花から取らない習性があり、栄養が偏らないように、いろいろな花から集めるとは驚きです。
よって、日本ミツバチには1種類のハチミツはないとのことです。



健康食品でもお馴染みのプロポリス
これもまた日本ミツバチにはないということでした。




ご主人のお話しの間に、1グループ目クリームが出来上がってきました。


ハイ!
きれいにラッピングして、出来上がり!
IMG_2016-0608_みつばち_8

きれいにラッピングしてくださって、皆さん、ご機嫌です。



出来上がったクリームは、靴にも使えるそうです。
抗酸化作用があるので、カビができにくくなるとおっしゃっていました。

大切な靴に使ってみてくださいね。

ハチミツの流通業界のちょっとこわい裏話もうかがいました。


キレイなさらさらのハチミツは日本人好みに精製してあることが多いようです。
もう一つの、初耳は
『ハチ』に草食と肉食のものがあるということ。


西洋ミツバチ 体が弱いこと
針葉樹ではミツバチは生活できないこと

スズメバチ・熊蜂、それぞれの習性があり、遭遇した時の対処法も教わりました。

どのお話も、楽しく、あっという間に時間がすぎてしまいました。


さといろ本舗さんの友人の男性の方が参加してくださったのですが、この方の「中国茶・日本茶」のお話も愉快でした。


IMG_2016-0608_みつばち_9




初めておそらのいえに脚を運んでくださった方もいらして、にぎやかな時間となりました。


地元のとれたものをいただく。
自然と共に生きる、自然の分かち合いなど
ミツバチが教えてくれることは、多岐にわたります。

もののありがたさ、自然のことを知ると謙虚になれるのだそうです。


午前の部のアウトドアの講座でも話が出ていましたが、
自然とは、土にかえるものであり、では、不自然とは?

今一度、自身に問うてみるのもいいかもしれませんね。

ご参加くださった皆さま、講師の皆さま、ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com
スポンサーサイト

【2016/06/30 15:37】 | おそらの日
|
6月8日(水) おそらの日 午前の部のレポートです。


アウトドアが楽しい季節到来

今回は「本当の先生は、大自然!」と題して
アウトドアの楽しみ方の講座を開催いたしました。

今日は、スタッフの一人がお休みのため、
おそらサポーターの方がお手伝いにかけつけてくださいした。
困ったときには、いつも支えてくれるおそらサポーターの方の存在は、心強い味方です。


いつもは、窓を開放してお庭を見ながら講座をするのですが、
今日は、プロジェクターを使うので、雨戸を閉めての講座です。

IMG_20160608_アウトドア_1
講師は田中京子さん
なんと、田中先生とご主人との出会いは山だったそうです。
テレビドラマの世界のようですね。

アウトドアのメリット・デメリットたは?と参加者の皆さんへの問いかけから始まりました。


・日常のダメダメ項目(どろどろになっての水遊び・火を使った遊び)を許せる
・家にいては学べない
・いろいろな体験を通して」四季折々の自然の美しさを感じられる

などなど、様々な意見が飛び出します。


感じてみることが一番大切と田中先生はおっしゃっていました。

アウトドアには、本格的なアウトドアとソフトなアウトドアがあるとか。


登山というのは、 3週間前から計画して、それから登るそうです!

野外教育の大切さは
・助け合う 野外での厳しい環境での助け合い
・知識の大切さ (事故を知る 計画 準備)
・体験することの大切さ 体験して初めて自分のもの
・万が一の状況のときに、疑似体験があるので、いざというこきに、自分の命を守ることができる

中でも、一番最後の項目の、自分の命を守る!
ということがアウトドアを通しての最も大切な学びなんだそうです。


ここで、本日のテーマの≪本当の先生は大自然≫のお話に突入です。

自然とは?
地球すべて?

みなさん、田中先生のお話にどんどん引き込まれていきます。

IMG_20160608_アウトドア_2


貝原益軒の「養生訓」のお話も出てきて、驚きです。

・自然は壊れても自分で修復する
・自然は処理できないものは作らない ゴミがない
・自然では、一人で存在し続けられるものはない
・自然は常に変化
・自然に適応しないものは排除する

栄枯盛衰とは
・栄 木が茂る様子
・枯 木が枯れる

家族単位での反映が文明を支えると、田中先生は結んでいます。


自然からのメッセージは“愛”と“智慧”
アウトドアは、この二つを会得することができる人間に育つようですよ。


アウトドアの深いお話しのあと、本格的なアウトドアではなく、
ソフトなアウトドアについて、「山」「海」のグループにわかれて、仮想計画を立てていきました。


海山のレジャー、郊外への旅行、天体観測、外での食事。
それぞれの体験談や、困ったことでグループ討論は盛り上がっていきます。

海にのベタベタは?どうすれば?
川の近くの海→川で洗い流す
山で飲み会!の計画とか、おすすめポイントの赤穂海浜公園。

などなど、話はつきません。

ソフトでゆるいアウトドアってなんだか楽しそうですね。


自然の中にいると、癒されたり 元気が出ますよね!
都会では味わうことのできない開放感も醍醐味です。

自然がすべてをあたえてくれ、小さな発見や気づき。
悩みも吹き飛んで、思考の整理にもいいのだとか。


日焼けを極力避けている私はインドア派・・・
アウトドア、やってみようかしら?

・・・・・・・あかん、あかん・・・
日焼けの回復力が雲泥の差!
木陰で、のんびりがあってます~♪。


アンケートにうれしいご意見いただきました。
・アウトドアに行きたくなりました。
・キャンプの心得や精神性について、改めて考える機会になりました。
・まだ体験したことがないアウトドアを始めてみようという勇気がまてた。
・キャンプに行くときの気持ちの持ち方が、変わりました。
・次回は、具体的なキャンプのノウハウ、楽しみ方をおそわりたい。

ご意見をお寄せいただきましたみなさま、ありがとうございました。




参加してくださった皆さま、講ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

【2016/06/30 15:31】 | おそらの日
【タグ】 アウトドア  
|
5月11日(水) おそらの日 午後の部のレポートです♪

ゆかたを着てみよう


今日は一日“和”がテーマです。
講師はおそらのいえの運営スタッフの辻本有美さん

お二人帰って、午後からの参加される方とお子さんが加わって、5人となりました。


講座は、着物のように、ゆかたを着る!を目標に始まりました。
この日、有美さんは、午前の「着物柄のチャームホルダー作り」の講座から着物で参加。

私のゆかたのイメージは温泉の浴衣・・・

有美さんの着こなしていたゆかたは、
あでやかで、真似してみたくなる凛とした着物姿。
夏の夜に、涼しげにすっとした立ち姿が印象に残る着物姿の女性っていいですよね。
憧れます。


今年こそ!箪笥の肥やしの浴衣を着るぞ!と意気込んでいたのですが、
アイドルちゃんから、わたしに、熱い視線・・・

2016-5-11和の日-9



午後から参加してくださった方のお子さん、とてもいい子で、おそらのいえのアイドルちゃん。
最初は、お母さんのそばで、じっとしていたのですが、そこはやはり子どもです。


「お外にいこ~っ!」と、私に声をかけてきました。

あでやかな着付けに興味はありましたが、午前の部で、ちょっぴりへこんでいたので、
「いこっ~いこっ!」とすぐさま、雨上がりのお庭にでました。

庭は、初夏の訪れとともに、青々とした草花がいっぱい!なんて書くと、綺麗なのですが、
雑草がいっぱい。

そうだ!
草抜きだ!


せっせと二人で草をぬき始めました。

「あ~っ!イチゴだ!食べたい」と、アイドルちゃんが突然叫びました。

見ると!
庭の花壇にイチゴが数個実をつけていました。

2016-5-11和の日-6


その実をキレイにあらって、パクリ!

おいしそうにイチゴをほおばるアイドルちゃんのおかげで、すっかり気分がよくなりました。

こんなささやかな幸せを感じられることが、
おそらのいえのいいところだなぁ・・・なんて、
ひとりご満悦!

室内に戻ると、参加者の皆さんの素敵な着物姿。
片結びという帯の結び方だそうです。


私のホルダーはまだ、未完成ですが、帰りにお茶によってホルダーを仕上げた方もいらして、びっくりしました。

参加してくださった皆さま、講師のはま先生、有美さん、ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

【2016/06/29 17:49】 | おそらの日
【タグ】 おそらの日  
|
恵みの雨とも言いますが・・・
やはり雨だと、洗濯も乾かないし、出かけるのも億劫
早く梅雨が明けて欲しいと思うこの頃です。

遅くなりましたが
先月に開催した、おそらの日のレポートです。

5月11日(水)~午前の部
着物柄のチャームホルダー作り
講師はアリタスジャパンのはまきよみさん


アリタスジャパンのはまさんは
着物の帯や着物をリメイクし
バッグやポーチなどを作られています。

ここのところ、おそらの日では
小さな子どもさんを連れられたママに参加いただくことが多かったのですが、
今日は久しぶりの大人ばかりのスタートとなりました。

アリタスジャパン イベント

講師のはま先生が見本に持ってきてくださった、お花たち。
「うわぁ~キレイ!」「かわいい♪」と、皆さん口々に
そして目がキラキラ、ハートになっていました(笑)

華やかで、でもどこか懐かしい着物柄のお花

アリタスジャパン

先生が用意してくださったチャームホルダづくりのキット
ひとつひとつの工程を丁寧に教えてくださいました。

アリタスジャパン はまきよみ

アリタスジャパン


教わった通り、チクチク・・・チクチク・・・
実をいうと・・・私はあまり裁縫が得意ではありません(^^;
一番遅い私に、先生も皆さんも歩調を合わせてくださいました。

が、しかし・・・
待ってもらっていると思うと、余計にあせってしまったりもして(笑)


チクチクと縫い終わったあとは、
糸の端っこを丁寧にたぐりよせて、お花の形に縮めて、かたちを作っていきます。

「・・・?・・・?・・・」

あらら・・・

私の布は
縮めても縮めてもお花にならず、はま先生が助けてくださったのですが、時すでに遅し。
修復不可能(泣)

はま先生が、出来上がったお花をくださいました。

一番早くできたのは、
おそらのマルシェでいつも素敵な器を出品してくださっているけいこさん。
さすが、陶芸で鍛えられた器用な手先!

私をのぞいて、他のみなさんは、
とても綺麗にすてきなお花が出来上がりました。

お花を3つ作って、ホルダーに縫い合わせて出来上がりなのですが、
私が足をひっぱたばかりに、一つしか出来ず、持ち帰って各自作ることになりました。

皆さん、ご自宅でこのようなチャームが出来ているはず・・・

o0800060013622471793.jpg

参加してくださった皆さま、足をひっぱてごめんなさい・・・

久々にちょっとへこみました(笑)
でも、また新たなことにチャレンジしたいと思った一日でもありました。

ぜひ、皆さんも興味をもたれたことなど
どんどんチャレンジしてみてください!

これからもおそらの日をよろしくお願いいたします♪


★本日の講師のはまきよみ先生のホームページです
着物帯リメイク|ハンドメイドの帯バッグやポーチ・リメイクオーダーARI+JAPAN(アリタス・ジャパン)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:学ぶ・知る・他 - ジャンル:ブログ

【2016/06/26 11:27】 | おそらの日
【タグ】 アリタスジャパン  
|
梅雨空が続きますね・・・。
おそらの日のレポート、なかなか更新できていませんでした。

少し前の講座になりますが
おそらの日のレポートです♪


4月13日(水) 「かたづけはくらしの下ごしらえ」かたづけってなあに?

自分にあったかたづけ方があります
“片づけ”の先にあるもの・・・

片づけのその先にはいったい何があるのでしょうか?

講師はライフオーガナイザーの桝谷美緒さん

“片づけ”という言葉のパワーでしょうか?
この日のおそらのいえは、超満員!

033.jpg


お片づけから心整う素敵なお話し♪
講師の桝谷さんの「私がどうして、片づけに興味をもったのか?」
というお話しから講座は始まりました。


かつて・・桝谷さんが子育て真っ最中だった頃・・・
家庭訪問や、家にお客様を招くことは、高い高いハードル
悲しいほどのコンプレックスからスタートしたそうです。

暮らしの見直しから始まり
そんな中で知ったこと、気づいたこと
それが“片づけ”の道につながっていったそうです。

断捨離の本のことは、ご存知でよね?という話題
桝谷さんは、捨てる方ではなく、『断る』ことから始めたそうです。

例えば、化粧品などの試供品は使わないなぁ~と思えば、
もらわないとか、そんな小さなことから取り組んでみたのだそうです。


それから、パソコンに次々と送られてくる
不要なダイレクトメールを削除したり、届かないように設定を変えたりと。

あふれる情報も、見なければいらないもの

桝谷さんのお話しに頷く皆さん

032.jpg

さて
あなたにとってお片付けとは?なんですか?

英語では
クリーンアップ
始末することを意味するのだそうです。

片付ける 日本人の独特の考えで、
『かたをつける』、『断る』、『戻す』、
なんていう隠れた意味合いもあるらしいです。


『口が寂しいから、つい食べてしまう』
『つい映画を見てしまう』
『つい、衝動買いをしてしまう』

こんなこと、よくありますよね?
心がすっきりしていないと、こんな行動をしたりするそうです。


今、家にあるものは、すべて皆さんが家に招き入れたもの
市場価値と、自分の価値は同じではないのです

何かを買いたい!と思ったときに、
私にとってこれは本当に大事?と、問いかけ
「やっぱりいらない」と思うことになれば
ものが増えるとこを防ぐ、ひとつの方法です。

心にかたをつける!

参加者の方の経験談を聞き、片付けとは?と問いかけ、
そこから、参加者の方の自分にとっての片づけ方を導く
桝谷さんの話術はすばらしく、感心してしまいました。


普段は、お片づけの依頼こられた方と会話をしながら、
その方が発する言葉や様子から、その方の表面だけでなく、
もっと奥深いところまで推察していくのだそうです。
例えば・・・
こんな感じ
顔がくすんでいる→メイクだけ?→忙しい→食生活が乱れているかもしれない?


『片づけ』に対しての皆さんの回答は様々でした。
『修行』、『元のところに戻す』、『リセット』
『あるべきところにしまう。収納する?』
『快適だと思っていたことを見直す?』

答えはありません。

『執着を放す』
『物にからみとられない。』
『ほんとにいるのかな?』
『自分の生活をどうしたいのか!』
『紙袋 ティッシュいる?』
『この収納ボックス、万能だけど…。自分にいるのかな!買う際には吟味』


皆さんからどんどん意見が飛び出します。

桝谷さんのお話の中には、ヒントがいっぱい!


さらに、問いかけは続きます。

今困っている片付けは?

片付けができたら、どんな気持ち?

どんなことがしたい?。

現状がもやっとしている→解決したらどんなイメージ?
どんな気持ち?

どんどん皆さんの中にある隠れた気持ちを引き出していきます。
あっという間の1時間半でした。

参加者のみなさんからのこんなに素敵な感想をいただきました。

・とても気が楽になった
・自分らしくていいんだ
・考え直すきっかけになった
・実践してみようと思った
・自分の心と物に向き合ってみます
・ライフオーガナイズとは体質改善という話が心に響きました
・自分に片をつける
・片づけた後の楽しい自分を想像して頑張ります
・迷う自分を許してあげるが、こころにヒットした

中には
なんとなく、この場所ににひかれて・・・という嬉しいお言葉もありました♪

参加者の皆様、たくさんのご感想ありがとうございました。


私も、桝谷さんのお話を聴いただけで・・心豊かになりました。

片付けは体質改善!そして、生活改善につながるのだそうです

よ~し!明日からお片づけ!
ほんとは今日から!じゃないといけないんですけどね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おそらのいえ  ~「私」をはぐくむ育自の場~
http://osora.halfmoon.jp/
お問合せ先:osoranoie2015@gmail.com

FC2blog テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

【2016/06/26 03:20】 | おそらの日
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。